ゆる~くナチュラルらいふ&ロハスちっくを目指して*静岡市ATRと石けん教室*

【薬膳石けんniena】酒かすの石けん

薬膳石けんniena酒かすの石けん出来上がり

「石けん習得コース」の後は、【酒かすの石けん】の単発講座のLessonでした♪
参加者は私を含め2人でした。
酒かすの入った石けんはモッチモチの泡が立つのでとても大好き♪

クリーム状になっている酒粕その名も「とろける酒粕」を使って作りました。
薬膳石けんniena酒かすの石けん酒かす
これで溶けきらない酒かすが残らないのでとても便利物!
 薬膳石けんniena酒かすの石けんとろける酒粕
ブレンダーを使ったのですがとっても早くトレースが出たのであれよあれよという間に型入れです。
この酒かすなら料理にも使い勝手がよいのでこれからはコレにしようと思います♪
酒かすの使う時に効率の良い溶かし方も教えてもらいました。

TOPの飾りはniena先生がたくさん用意して頂いたものをChoiceしてトッピング♪
薬膳石けんniena酒かすの石けんトップ飾り
ボーダーのレースの生地と透明石けんでつくられた桜と葉をトップに飾り付けました。
 薬膳石けんniena酒かすの石けん参加者記念撮影

先生のお宅へ行く途中にお花屋さんが何軒かあります。
そこでかわいいお花を発見!帰りに寄って購入しました。
薬膳石けんniena酒かすの石けんお花屋さん
淡い色合いが好きなyossyです。
オレンジやピンクのパステル調のお花を選びました。
薬膳石けんniena酒かすの石けんお花屋さんの落し物
だが!… しかし!!です。
色々お買いもの等をしていたらどこかで置き忘れてしまいました。orz
泣きそうになってしまいました。(涙)


その時のniena先生のBlogはこちら


2~3日後に型出しをしました♪(かわいい~♪)
薬膳石けんniena酒かすの石けん型だし後
ベランダに咲いていたラナンキュラスと一緒に記念撮影♪

酒かす *wikipediaより引用

酒粕(さけかす、酒糟)とは、日本酒などのもろみを、圧搾した後に残る白色の固形物のことである。
酒米を醸造すると重量比で25%ほどの酒粕が取り出され、その成分は日本食品標準成分表によると、水分51%・炭水化物23%・蛋白質13%・脂質・灰分となっており、他にもペプチド・アミノ酸・ビタミン・酵母など栄養素に富んでいるので、健康効果が期待される食品としての価値が見直されている。
1975年以降、年々、日本酒の生産量が減少していることと、大手を中心に一部の日本酒メーカーが高熱液化仕込み(高温糖化法)を採り入れていて液化粕になり、主に飼料、肥料として処理されることから、副産物である酒粕も食用としての流通量は減少傾向にある。
2013年7月 – 2014年6月までの産出量は41906トン弱。2014年7月 – 2015年6月までの見込み産出量は約42000トンである(食料新聞より)。
味醂のもろみから取れる味醂粕(こぼれ梅)はもち米を含むことから風味が異なり、焼酎のもろみから取れる焼酎粕はクエン酸を多量に含むので酸味を有する。

■食品以外の利用

俗に美白効果があるとされ、水で溶いて顔にパックを施すなどの方法で美容素材として用いられることがある。
また、酒粕を配合した基礎化粧品なども市販されている。
そうした際にはアルブチンやリノール酸の含有が“美容成分”として強調されることが多い。


■酒酔い

酒粕の状態にもよるが、日本食品標準成分表によるとエタノールが約8%程度残存しているので、摂取した後自動車の運転や機械類を操作すると法律違反となる可能性がある。
特に酒母を摂取するため生食は酒酔いになりやすい。
酒に弱い人や子供が食べると、酒を飲んだ時と同様となり、未成年者の飲酒と同様の問題が起こる可能性があるので、摂取量や誤食には注意が必要となる。
なお、近年呼気中のエタノールを、より低い濃度でも検出できるようになったため、2006年9月15日に粕汁2杯を食べて自動車で帰宅していた神戸市の教師が呼気1リットル中、0.15ミリリットルのエタノールが検出されたとして2007年3月に酒気帯び運転容疑で書類送検されたという事例もある。このように、十分に酒粕を加熱するなどして、酒粕中のエタノールを揮発させてしまわないと問題が起こる場合がある。
逆に酒酔い運転の言い逃れのために奈良漬けを食べただけだと反論する人もいるようだが、2007年4月26日に警察庁が「アルコールが運転に与える影響の調査研究」という報告書の中で、奈良漬け50グラム(7切れ程度)、ウイスキーボンボン3個をそれぞれ、15 – 20人に摂取させて呼気中アルコール濃度を調べたところ、いずれも20分後には呼気中濃度はゼロになり、運転能力への顕著な影響もみられなかったという実験結果を公表している。奈良漬けは最も高い商品で3%、ウイスキーボンボンは2%だった。
お酒に弱い人は要注意ですね!


■酒粕の特色

酒粕は、清酒製造時の副産物のため、原料米由来の胚芽等が含まれることがある。
また、伝統的な酒造道具(木桶等)を使用して製造されるため、それらが剥離し酒粕の中に混入することもまれにある。
酒粕はエタノールが含まれているので、腐敗しにくい。
ただし、含まれる酵素により熟成が進み、また、糖分とアミノ酸がメイラード反応し、温度、時間に比例し、白色→黄色→ピンク色→褐色→焦げ茶色→黒色となる。
漬物用酒粕は4か月 – 1年程熟成させた酒粕を、酢原料酒粕は1 – 7年熟成させた酒粕を使用するのが一般的である。
市販の酒粕商品は、保存方法を「要冷蔵保存」あるいは「直射日光、高温多湿を避け、涼しいところでの保存」を記載している。
又、熟成に伴い、茶色等の着色や軟化など風味が変化していくことを記載し、この変化を抑えたい場合は冷蔵庫あるいは冷凍庫での保存を勧める旨を表示している商品が多い。
-18℃以下であれば3年間以上保存しても品質が大きく劣化することはない。また、熟成の過程でアミノ酸の一種・チロシンが結晶化し表面に白い斑点状のものが現れることがある。
しぼりたては香りは豊かだが、やや硬く、味が薄いが、1週間ほど熟成させると香りは薄まるが、しっとりと軟らかくなり、味が出てくる。





ATR(芳香蒸留水“アートュル”)のビギナーズLessonは随時受け付けております。
詳しくは
お申込みはコチラ


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR

SNS

   facebook_1  instagram  twitter_2
ページ上部へ戻る