ゆる~くナチュラルらいふ&ロハスちっくを目指して*静岡市ATRと石けん教室*

蒸留ハマリ中♪ レモングラス(飲料編)

レモングラス飲料

何かしら毎日蒸留する程、ハーブの蒸留芳香水にハマリ中~♪

今度は飲料用にレモングラス。

ススキの様な葉のレモングラスの葉、触れるとレモンの香りがして良い匂い♪

レモングラス
初夏から一気に株が増えて良い感じ。
生葉を刈り取って蒸留芳香水を製作。

もこもこひつじレモングラス蒸留中

ハーブティーとしても飲料される “ レモングラス ” 出来上がった芳香水(ハイドロゾル)をミネラルウォーターで割って飲んでみたら、暑い夏にとてもぴったり。
シングルティーでもとっても飲みやすくて、アイスティーにしたけれど、爽やかな感じでとても飲みやすかった♪
レモングラス1:ミネラルウォーター9で割ったけどもう少しレモングラスの蒸留水が多くても良いかも。
ちょっと “ ペパーミント ” の葉を飾っておめかし♡

もこひつじレモングラス水

Herb レモングラス

レモングラス(学名:Cymbopogon citratus)はイネ科オガルカヤ属の多年草。
アジア料理およびカリブ料理でよく使用されるハーブ。
タイのスープ・トムヤムクンなどの料理の香り付けに用いられたり、ティーとして利用される。
(キムチとか辛すぎる物は少しニガテだけど、何故なのか辛くてもタイ料理はだ~い好き)
水蒸気蒸留法で得られる精油は、食品や飲料、香水に添加される。
精油は近縁種と区別するために、本種をウエストインディアン・レモングラスと呼ぶこともある。

南インド、スリランカ、東南アジアに多く生息する。
高さが1,5メートルほどになり、細長い1メートルにもなる葉をつける 。
レモンの香味成分であるシトラールを含有しているため、レモンのようなフレッシュな風味がある。
乾燥させて粉末にしたり、あるいは生のまま使用される。
主な使用法はハーブティ、スープ、カレーで、鳥肉や魚、シーフードともよく合う。
精油は世界中で多く利用されていて、香料として食品、香水に利用される。
精油を使った療法・アロマテラピーに用いられるが、潜在的な皮膚感作性が他の精油よりはるかに大きく、使用する利点もないため、マッサージなど外用は行われない。
精油の芳香には、人の脳を刺激する作用があり、控えめになら芳香をアロマテラピーに利用することもできる。
また、虫が嫌う匂いでもあり、虫よけスプレーに使われる。(虫が嫌う匂いらしいけど我が家のレモングラスの鉢にはたくさん虫が来るのはナゼ?)

wikipedia:抜粋


レモングラスはほっといても勝手に株を増やして大きくなるので
とても育てやすいHerbの一つかな。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR

SNS

   facebook_1  instagram  twitter_2
ページ上部へ戻る